• はか_ImgPic

民営の墓地を契約して両親のお墓を移設しました。

私は家族で五年前に購入したマンションで暮らしています。
私は会社に入社するのに合わせて、暮らしていた実家を出て暮らしています。
実家にはお正月とお盆に帰郷するくらいでした。
実家では両親が暮らしていましたが、4年前に父が亡くなり昨年には母が亡くなりました。
私は両親が暮らしていた実家の住宅や土地の不動産を相続しました。
しかし所持しながら維持して行くのは困難と考えて、不動産売却処分をしました。
不動産売却は実家の近くの不動産会社に、売却先を見つけてもらい売却することが出来ました。
しかし実家の近くには両親が眠るお墓がありました。
私は両親の遺骨を自分たちの暮らしている近くに、移設しようと考えました。
私はネットで住まいの近くで空いている墓地を探しました。
ネットを検索していると、住まいのマンションから歩いて15分ほどの場所で見つける事が出来ました。
私はネットを見ていると、管理販売しているのは民営の企業でした。
私はネットで見つけた場所に行って見ました。
私が行くと管理している民営会社の方が居られました。
私は管理している方から色々な説明を受けました。
空いている区画はありましたし、説明を受けた永代使用料や管理費も安かったです。
敷地内には緑が多くの木々が植えられて、敷地内には花や芝生などが植えられていました。
私は両親もこの様な緑の多いところで、安らかに眠って欲しいと感じました。
こちらを運営している管理会社では墓石の販売もしていましたし、とても利用しやすいと考えました。
私はこちらの空いてる区画を契約することにしました。


私はネットで見つけて訪ねた民営墓地の区画を契約しました。
永代使用料や管理費をまとめて支払いました。
そして新しく建てるお墓を選びました。
とても多くの種類がありましたし、とても迷いながら手頃な商品を選び建ててもらいました。
その後に実家の近くに納骨して合った両親の遺骨を移設しました。
私は遺骨を移す際にはお坊さんにお願いして、御参りをしてもらい移設をしました。
私の両親は今は暮らしているマンションから近い場所の墓地で眠っています。
両親も私たちの住んでいる近くで眠ることが出来て、とても喜んでくれていると感じています。
私は両親の遺骨を移すのに使用した多くの資金は、両親が暮らしていた実家の不動産売却で得た資金を利用して行いました。
私は両親には心から感謝しています。
実家の不動産売却資金を使いマンションの住宅ローンも一括返済することもできました。
これからは時間を見つけて両親が眠る、場所に多くお参りに行けると感じています。
私は両親が眠るお墓を末永く守って行きたいです。
そして私の子供たちにも守って行って欲しいと考えています。
私たち家族は両親の命日などにはこだわらず、天気の良い休日には家族で両親に手を合わせに通っています。
今はとても緑が鮮やかになって来ていますし、多くの花も咲いて来ていました。
両親もとても喜んでいると感じていますし、家族の一つの楽しみになりました。
私にはもう田舎や実家はありませんが、これからは自分の住まいを子供たちが実家と言えるように、して行こうと考えています。
先日にはマンションには仏壇も設けました。